静岡徘徊

静岡市内を隈無く歩きまわって取材して行きますのであなたの知らなかった静岡も観て頂けるかもしれません

ホーム > アーカイブ - 2012年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小梳神社のお祭りを撮る!

 先週の土曜・日曜の両日、静岡市中心街にある小梳神社で300年以上の歴史を持つ「神幸祭」が行われました。

小梳神社の境内では、仕掛け花火、福引き、奉納舞踊、お楽しみ夜店などの催し物が行われました。

今年は、2年に一度の大祭の年にあたり、神輿が街を練り歩く渡御の年でもあります。

日曜の午後2時半、小梳神社の境内から出発し、法被姿の氏子が猿田彦の神に先導されて総勢約150人の行列が街に繰り出しました。

本年は神輿を綺麗に修復し、新品同様になったピッカピカの神輿を約4時間かけて中心街を練り歩きました。(H24.07.22 撮影)

小梳神社のお祭り-1

小梳神社のお祭り-2
新品同様になった神輿のお披露目がありました
小梳神社のお祭り-3

小梳神社のお祭り-4
真っ赤な天狗(てんぐ)の面をかぶった猿田彦
小梳神社のお祭り-5
子供神輿
小梳神社のお祭り-6
ピッカピカの神輿を担ぐ神輿会(協賛団体)の皆さん
小梳神社のお祭り-7
スポンサーサイト
[ 2012/07/29 20:46 ] 市内・イベント | トラックバック(-) | CM(0)

一生に一度しか見られない「リュウゼツランの花」を見に!

 一生に一度しか見られない「リュウゼツランの花」が咲いたと聞き、静岡市内の洋館「旧マッケンジー邸」に行って来ました。

旧マッケンジー邸」は、茶貿易商として来静したマッケンジー夫妻が住んでいた邸宅です。

静岡市内に残る数少ない戦前の洋館として、現在は国登録有形文化財に指定されています。

広いお庭の一角に高さ約6メートルほどに伸びた「リュウゼツランの木」がありました。

リュウゼツラン」は中南米原産で、40から50年に一度花が咲き、その後枯れてしまうと言われています。

5月中旬ごろ、株から花茎が伸び始め、今では高さ約6mほどになっています。

今月16日に、高さ4メートルほどのところに上向きの黄色い花を付けたということでした。

下の方から4m位のところから花があり、上に向かって開花して行きます。

黄色い小さな花の集合体のような感じです。

一生に一度しか見られない花、そんな花があったとは知りませんでしたので開花の時期に遭遇出来てラッキーでした。(H24.7.24 撮影)

旧マッケンジー邸に咲くリュウゼツラン-1
旧マッケンジー邸
旧マッケンジー邸に咲くリュウゼツラン-2

旧マッケンジー邸に咲くリュウゼツラン-3

旧マッケンジー邸に咲くリュウゼツラン-4
[ 2012/07/26 20:34 ] 市内公園・季節の花 | トラックバック(-) | CM(0)

小梳神社大祭の花火を見に!

21日、22日に静岡市紺屋町の小梳神社で大祭が行われました。

神輿、仕掛け花火、福引き、奉納舞踊、お楽しみ夜店などの催しがあり、夜8時から小梳神社の境内で行われた仕掛け花火を見に行くことにしました。

狭い境内なので大掛かりな仕掛け花火ではありませんが、目の前で行われる花火は、結構迫力があり、5分ほどの短い時間でしたが、子供の頃に見た町の花火大会の思い出と重なるところもあり、楽しい仕掛け花火でした。(H24.7.21~22 撮影)

小梳神社の花火-1

小梳神社の花火-2

小梳神社の花火-3

小梳神社の花火-4

小梳神社の花火-5

小梳神社の花火-6


[ 2012/07/23 22:20 ] 市内・イベント | トラックバック(-) | CM(0)
フリーエリア
検索ボックス
カスタム検索
スポンサードリンク2
ブロとも申請フォーム
互換インク
森のくまのインク屋さん
楽天トラベル
PCアクセサリー
大人の習い事アイテム
Kindle
パソコン・周辺機器
検索フォーム
ブログ内検索
FC2 カウンター
最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。