「ゲゲゲの女房」のふるさと、安来、境港に行く! 静岡徘徊

静岡市内を隈無く歩きまわって取材して行きますのであなたの知らなかった静岡も観て頂けるかもしれません

ホーム > 静岡市外・県外・旅を楽しむ > 「ゲゲゲの女房」のふるさと、安来、境港に行く!

「ゲゲゲの女房」のふるさと、安来、境港に行く!

連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」も今月で終ろうとしてますが、宿泊先の大山の山麓から「ゲゲゲの女房」の著者の漫画家水木しげるさんの妻、布枝さんのふるさと安来市大塚町を訪れました。

静かな町も訪れる観光客も急増し、あちこちに「ゲゲゲの女房」の垂れ幕が目立つ、活気ある町になっていました。

町で用意された「ゲゲゲの女房」の資料会場を覗いたり、布枝さんの生れ育った酒店も見学して歩きました。

次の日には、境港に出掛け、妖怪のブロンズ像の立ち並ぶ水木しげるロードを歩き、水木しげる記念館を見学しました。

道路脇には水木作品が並び、妖怪の数の多さには驚かされました。

水木しげるロードに立ち並ぶ店内の水木しげるグッズを見ながら、はかりしれない経済効果にも驚かされました。

ゲゲゲの女房-1
布枝さんの生れ育った酒店
ゲゲゲの女房-2
酒店内部
境港水木しげるロード-1
水木しげる記念館
境港水木しげるロード-2
水木しげる記念館内部
境港水木しげるロード-3
水木しげる夫妻
境港水木しげるロード-4
鬼太郎
境港水木しげるロード-5
ねずみ男
境港水木しげるロード-6
水木作品のブロンズ像の立ち並ぶ水木しげるロード
[ 2010/09/15 23:51 ] 静岡市外・県外・旅を楽しむ | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
検索ボックス
カスタム検索
スポンサードリンク2
ブロとも申請フォーム
互換インク
森のくまのインク屋さん
楽天トラベル
PCアクセサリー
大人の習い事アイテム
Kindle
パソコン・周辺機器
検索フォーム
ブログ内検索
FC2 カウンター
最近のトラックバック