西山本門寺の大銀杏を観に! 静岡徘徊

静岡市内を隈無く歩きまわって取材して行きますのであなたの知らなかった静岡も観て頂けるかもしれません

ホーム > スポンサー広告 > 西山本門寺の大銀杏を観に!ホーム > 静岡市外・県外 > 西山本門寺の大銀杏を観に!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

西山本門寺の大銀杏を観に!

昨日、静岡県富士郡芝川町にある西山本門寺を訪ねました。

本堂の前には樹齢300年を越える大銀杏があり、黄葉を迎えていました。

本堂の裏手に回ると池の上段に本能寺で討死にした信長の首を納め、その上に柊を植えたと伝えられている伝説の信長の首塚がありました。

推定樹齢500年の大柊ですが、幹だけが残り枯死が危ぶまれたようですが、幹から生えた枝が勢いよく育っていました。

明日は、「信長公黄葉まつり」が行われ、火縄銃の演武、県内B級グルメが集結するなど、盛りたくさんのイベントが行われるようです。

広い境内には杉や楠木や銀杏などのの数多くの巨樹・古木があります。

西山本門寺は富士五山の一つに数えられる名刹で、1343年に日蓮の高弟、日興が開山したそうですが、寺の規模の大きさに驚きました。(H22.11.12 撮影)

西山本門寺-1

西山本門寺-2
西山本門寺黒門の脇には薄っすらと富士山が望めます
西山本門寺-3
樹齢300年を越える大銀杏
西山本門寺-4

西山本門寺-5
西山本門寺本堂
西山本門寺-6
本堂の裏手の池 上段に信長の首塚があります
西山本門寺-7
正面、首塚には推定樹齢500年の大柊があり、幹だけが残っています



[ 2010/11/13 23:02 ] 静岡市外・県外 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
検索ボックス
カスタム検索
スポンサードリンク2
ブロとも申請フォーム
互換インク
森のくまのインク屋さん
楽天トラベル
PCアクセサリー
大人の習い事アイテム
Kindle
パソコン・周辺機器
検索フォーム
ブログ内検索
FC2 カウンター
最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。