臨済寺を訪れる 静岡徘徊

静岡市内を隈無く歩きまわって取材して行きますのであなたの知らなかった静岡も観て頂けるかもしれません

ホーム > スポンサー広告 > 臨済寺を訪れるホーム > 市内観光・季節の花 > 臨済寺を訪れる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

臨済寺を訪れる

 静岡市大岩の賤機山の麓に今川氏の盛んな頃に建てられた臨済寺があります。臨済宗妙心寺派の駿河国の三中本山の1つにも数えられ、徳川家康竹千代時代の12年間、今川氏の人質として過ごしたお寺としても有名です。山門から入り、正面の鬼階段を上り、本堂の前に立ちます。整然とした雰囲気の中に修行僧の道場という事もあり、綺麗に清掃も行き届き、一般のお寺と格の違う日本建築の造りの良さを感じました。以前、奥にある賤機山の山腹の傾斜を巧みに利用した雄大な庭園を観させて頂きましたが立派なお庭で驚きました。普段は修行僧の専門道場のため拝観が出来ませんが特別公開もありますのでそんな機会にお出掛けになるのもいいかと思います。(H21.2.1 撮影)
臨済寺-1
仁王門
臨済寺-2

臨済寺-3
本堂に登る鬼階段
臨済寺-4
国の重要文化財・本堂
臨済寺-5
正面左座禅堂(護国道場)
臨済寺-6
鐘楼
臨済寺-7

臨済寺-8
平成九年完成の新仏殿
臨済寺-9
庭は背後にせまる賤機山の峰にかけ築かれている三段造りの庭園は国の名勝(H20.4.8 撮影)
臨済寺-10
川家康が今川強調文氏に人質になった松平竹千代時代に学問を学んだ部屋
臨済寺-11
賤機山より眼下に観る臨済寺

附近案内図(図をマウスで左クリック、大きくしてご覧ください)
[ 2009/03/02 23:23 ] 市内観光・季節の花 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
検索ボックス
カスタム検索
スポンサードリンク2
ブロとも申請フォーム
互換インク
森のくまのインク屋さん
楽天トラベル
PCアクセサリー
大人の習い事アイテム
Kindle
パソコン・周辺機器
検索フォーム
ブログ内検索
FC2 カウンター
最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。