浅間神社で行われた「輪くぐり」を観に! 静岡徘徊

静岡市内を隈無く歩きまわって取材して行きますのであなたの知らなかった静岡も観て頂けるかもしれません

ホーム > 市内・イベント > 浅間神社で行われた「輪くぐり」を観に!

浅間神社で行われた「輪くぐり」を観に!

静岡浅間神社の6月の晦日(みそか)に行われた「大茅の輪くぐり」を観に出掛けました。

茅(ち)の輪くぐり」は、1年の半分が過ぎ、知らず知らずのうちに犯した罪やけがれをはらい、無病息災を祈る伝統行事で、静岡に夏の到来を告げる催しとして、知られています。

静岡浅間神社茅の輪は、直径5メートルと日本屈指の大きさだそうです。

集まった大勢の参拝者は、白い小さな紙を左右の肩に振りかけた後、「形代(かた・しろ)」と呼ばれる紙で体をなで、さらに形代に息を吹きかけて厄払いをし、8の字を描くように茅の輪を3回くぐり健康を祈ってました。(H24.06.30 撮影)

大茅の輪くぐり-1
楼門に設置された茅の輪
大茅の輪くぐり-2

大茅の輪くぐり-3
浅間通りから入る神門に設置された茅の輪大茅の輪くぐり-4

大茅の輪くぐり-5
8の字を描くように茅の輪を3回くぐりながら無病息災を祈る
大茅の輪くぐり-6

大茅の輪くぐり-7
中央の第二駐車場に設置された直径約5メートルの茅の輪

[ 2012/07/03 21:15 ] 市内・イベント | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
検索ボックス
カスタム検索
スポンサードリンク2
ブロとも申請フォーム
互換インク
森のくまのインク屋さん
楽天トラベル
PCアクセサリー
大人の習い事アイテム
Kindle
パソコン・周辺機器
検索フォーム
ブログ内検索
FC2 カウンター
最近のトラックバック