坤櫓(ひつじさるやぐら)が一般公開! 静岡徘徊

静岡市内を隈無く歩きまわって取材して行きますのであなたの知らなかった静岡も観て頂けるかもしれません

ホーム > スポンサー広告 > 坤櫓(ひつじさるやぐら)が一般公開!ホーム > 市内観光・季節の花 > 坤櫓(ひつじさるやぐら)が一般公開!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

坤櫓(ひつじさるやぐら)が一般公開!

静岡市駿府城公園の一角に坤櫓(ひつじさるやぐら)が完成し、4月3日より一般公開となりましたので観覧して来ましたので紹介します。

安政の大地震で全壊し160年を経て復元された坤櫓は高さは約14m木構造2層3階、総工費約6億3千万円を掛けて造られました。

館内中央部記憶の間の吹き抜けは、巨木の柱や梁の構造が覗け、その大きさに驚かされます。

館内は一階だけの観覧で二階への階段は入場禁止となっており、公園内で唯一富士山を観ることの出来る富士見芝生広場に建つ坤櫓(ひつじさるやぐら)から観る富士山を楽しみに訪れたのですが、叶いませんでした。

公園内にある東御門巽櫓(たつみやぐら)では二階も観覧出来るのに、せっかく木構造で復元した坤櫓(ひつじさるやぐら)がなぜ観覧出来ないのでしょうか?

訪れた観光客は、きっと満たされないような気持ちになるのではないでしょうか。

吹き抜け上階、階段には安全な手すりを設け上階の観覧が出来るようにお願いしたいと思います。

真新しい木の香り漂う館内をカメラに納めましたので御覧ください。


駿府城公園坤櫓-1
中堀の沿道から坤櫓(ひつじさるやぐら)を望む
駿府城公園坤櫓-2
公園内の西南、富士見芝生公園の一角に建つ坤櫓(ひつじさるやぐら)
駿府城公園坤櫓-3
重厚な歴史的建造物に対して館内出入り口の庇はアンバランスのような気がしました
駿府城公園坤櫓-4
建物の中央に位置する記憶の間
駿府城公園坤櫓-5
回廊
駿府城公園坤櫓-7
二階への階段には上れない表示がありました
駿府城公園坤櫓-6
中堀の石垣の上に建つ坤櫓
[ 2014/04/10 23:59 ] 市内観光・季節の花 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
フリーエリア
検索ボックス
カスタム検索
スポンサードリンク2
ブロとも申請フォーム
互換インク
森のくまのインク屋さん
楽天トラベル
PCアクセサリー
大人の習い事アイテム
Kindle
パソコン・周辺機器
検索フォーム
ブログ内検索
FC2 カウンター
最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。